印刷
カテゴリ: 行事報告
参照数: 322
星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2019/12/08 町内餅つき大会の報告

恒例の町内餅つき大会が快晴のもと、令和元年12月8日(日)子易神社境内をお借りして開催されました。この餅つき大会は防災訓練の一環として薪を用いています。

前日は曇り・小雨の寒い日でしたが、米とぎの準備に始まり、当日男性陣は午前 7時に集合し、竈作り・会場つくりなどを行い、午前7時40分にもち米を蒸かし始めました。今年度は70kgのもち米を用意し、作業も順調に進みました。

午前10時頃から、お客さんが続々と集まりはじめ、子易神社に「鏡餅」を奉納した後「お餅」の販売が始まりました。 参加された皆様は「お汁粉・海苔・黄粉・胡麻」で加工したつきたて餅を美味しそうにほおばっていました。 小さなお子さんに杵を持たせて餅つきをしている姿を写真に収めている親子連れも見られました。

予定していた「お餅」も完売し、12時頃から片付けを行い、社務所で慰労会を開き午後2時頃散会しました。役員の皆様、早朝から大変ご苦労様でした。

最後に、近隣の皆様、早朝から騒音・煙等で大変ご迷惑をお掛けしました。 ご協力ありがとうございました。

宮元町会副会長 髙橋 英喜

[お子さんの映っている写真は除いてあります。]

(↓青少年部長 大渕氏撮影)

(↓ 副会長 髙橋氏撮影)